レッスンの進め方

 

 

あくまで大まかな流れです。バイオリンのレッスンを始める年齢も、その人の性格もまちまちですので、ケース・バイ・ケースで、その時の状況にあわせて、ほかの教材を使ったり、補充したりする場合もあります。

3~6歳くらいの
  就学前の幼児には、まず「レッスンがたのしい」と思ってもらうこと、次に楽器に慣れることを目標にします。内容は、あくまでもバイオリンの指導がメインですが、そのほかに簡単なソルフェージュ(リズムカードやピアノの音あて)をゲーム感覚で楽しみながらやります。
 (リズム感、音感は小さいお子さんのほうが身につくのも早いようです。これが、あとで読譜を教わるときに大いに役立ちますし、これがバイオリンの進度にも大きく影響します。) 


 教材・・・幼児用バイオリン教本「子供のためのバイオリン教室」+セビシックから一部+ソルフェージュ(リズム読み・音当てクイズ)
        レッスン時間30分
 

 

自分で楽譜を読んで弾く練習をしましょう        
 少しレッスンにもバイオリンにも慣れて、ちょっと理屈っぽい話も聞けるようになったら、 読譜の練習にはいります。
  自力で楽譜を読んで弾く力をつけることは、とても大切です。

大人の初心者はここからスタートします。

  (初めは楽器が重いと感じたり、指が思うように開かないと感じたりしますが、みなさん例外なくそうですから、心配しないで。すぐに慣れて楽になります。)
 普通、3~6ヶ月でこのレベルを終了。次へ進みます。
こどもの場合は、レッスンの終わり10分ほどをソルフェージュ(リズム読みや聴音)にあてます。


 教材・・・スケール+読譜教材+セビシックop.1-1(指と弓の訓練的な教本)+ソルフェージュ
         レッスン時間・45分

  

いろいろな弾き方をおぼえましょう
  ファーストポジションで、楽譜が少し読めるようになったところで、エチュード(練習曲)に入ります。最初はウォルファールトとカイザー。ここで基本的なリズムの弾き方や弓使い、装飾音、トリル、重音、そしてポジションチェンジとビブラートなど、つまり基本的な奏法をひととおり習うわけです。

このはじめの段階で、姿勢やボウイング、指を置く形、運指などを正しく身に付けることで、次の段階にスムーズに進めますので、注意深く指導します。

(悪い癖がつくと、先へ進めなくなって苦労するので。)

それと平行して曲(リーディング、ザイツ、ダンクラ、ヴィヴァルディなどの、学習者用コンチェルトや小品)と、音階教本、セビシックをやります。

こどものレッスンの終わり10分はソルフェージュ。

 

このあたりまで終了すれば、例えば、市民オケとか学生オケとかに入って弾くことができると思います。  

 教材・・・スケール+エチュード(ウォルファールト、カイザー、マザスなど)+曲+音階教本+セビシックop.1-1、op.1-2 その他 +ソルフェージュ
        
 レッスン時間・1時間
   
もっと正確なテクニックを身につけましょう

  クロイツェルに入ります。カイザーより難易度が高く、バイオリンを弾く人のバイブル的なエチュード。このあとの技巧的なエチュードをいくつかやった後でも、また戻ってもう一度きちんとやりたくなる、そんなエチュードです。曲はかなり長いものを弾くようになり、クロイツェルと曲で時間いっぱいになってしまうので、ソルフェージュはこのあたりからやらなくなります。 
  合奏の練習のために、私とデュエットの曲を練習することもあります。

 教材・・・クロイツェル+曲 (+セビシック、音階教本)
          レッスン時間・1時間


   ☆小学生のうちにこのあたりまで進んで、もし音楽の道に進む
      希望がある方は、音大関係の先生をご紹介します。
  

もっともっとうまくなりたいと思ったら
 ローデ、ドント、ガビニエ、フィオリロなどの上級者むけの技巧的なエチュードをやりながら、いろいろな名曲にトライ。
         レッスン時間・1時間